京都芸術大学附属高等学校

OPEN MY POSSIBILITY

私よ、ひらけ

 

コンセプト

CONCEPT

芸術、
なのに普通科?

芸術と聞いて、 みなさんはどんなことを想像しますか。

「絵を描くこと」
「演じること」
「何かを作ること」

こんなイメージが頭に浮かんだ方も多いかもしれません。

コンセプト

学びの環境

LEARNING
ENVIRONMENT

週3日+α
自分で選べる通学タイプの通信制高校

本校では、月・水・金の3日間に登校して普通科目を学習し、生活のリズムを整えます。火・木は選択制講座を開講しており、+αで自分に必要なものを選ぶことが可能です。
また仲間とともに成長し、お互いに信頼し合える環境の中で成長できる基盤をつくれるクラス制を採用。担任が一人ひとりの学習状況を把握し、学習がスムーズに進むようサポートします。

学びの環境

進路支援

CAREER
SUPPORT

  • プロフェッ
    ショナル科目
    [選択科目]
  • 大学科目[選択科目]

自分らしい進路の実現を支援する

本校の進路支援は「社会を知る」ことから始まります。
大学連携科目のプロフェッショナル科目では大学の多様な学びを通して、興味の幅を広げ、進路選択の意識を高めます。併せて大学リサーチ、入試方法研究、入試対策にもしっかり取り組み、一人ひとりの希望進路実現をサポートします。

進路支援

学びの特徴

FEATURE

瓜生山メソッド

芸術教育の手法を取り入れた授業や体験によって、社会に出たときに必要となる「コミュニケーション力・協働力・発想力」をベースに人間力と基礎学力を養う本校独自の学習メソッドです。担任による「総合的な探究の時間」

学びの特徴

学校生活

SCHOOL LIFE

「自分」で選ぶ特別活動、
「自分たち」で作る学校生活

高校では、卒業までに特別活動・学校行事に30時間以上参加する必要があります。
どの活動に参加するかは自分で考え、自分で選択することが可能です。また、同好会活動をはじめ、学校生活についても自分たちで考えて行動しています。

特別活動・同好会

5つのテーマでコーディネートされた教室

教室は太陽、空、海、大地(芽吹き)、大地(実り)の5つのテーマに沿ってコーディネートしています。
そのほか校舎にはアクティブラーニング(自発的な学習)を促すための工夫がたくさんあります。

教室・施設紹介

大学生気分で
キャンパスライフを体験

大学の施設の一部を自由に使えるのも、附属高校ならではの魅力です。
大学生と同じキャンパスを過ごすことで、高校生活を充実させると同時に、高等教育機関への興味も湧いてきます。

大学との施設共有

MOVIE

キャンパス紹介

学校紹介映像

学校説明会へ参加する

まずは学校説明会への参加がおすすめです!

もっと詳しく知りたい方

資料請求または個別相談・お問い合わせフォームからお問い合わせください。