京都芸術大学附属高等学校

  1. HOME
  2. 日々のできごと
  3. プロフェッショナル科目レポート

日々のできごと

DAYS

2021年09月21日(火)

今年の夏シーズンは“プロフェッショナル科目”を開講!

こんにちは。京都芸術大学附属高等学校です。

本校ならではの高大連携科目、
大学教員による出張授業「プロフェッショナル科目」が夏休み期間に開講されました!

今年は夏季集中講座として、2日間じっくりと大学の先生に
講義をしていただきました。
この期間で14学科の講義が開講され、生徒のみんなは自分自身が選んだ学科の授業に
一生懸命取り組んでいました。

その一部分をご紹介したいと思います!

美術工芸学科のプロフェッショナル科目。

まずは座学で講義をうけながら、技法のことなどを学び、実習に入っていきます。
今回は毛筆実習。
模写や垂らしこみの技法などを実際にやってみます。黒墨を使った絵も描きました。
先生にアドバイスをもらいながら、とっても丁寧に取り組む姿が印象的です。


続いてはデザイン総合学科のプロフェッショナル科目です。

この授業では京都の伝統工芸品についてを教えていただきました。
手を使って編み込み、ピアスなどのアクセサリーに仕上げている生徒もいました。
工芸品を身近に感じることができたり、
自分自身で材料を揃えもっといろいろ作ってみたい!なんていう声もあがっていました。

最後は、通信教育学部美術学科のプロフェッショナル科目。
本大学には日本最大の生徒数を誇る通信教育学部があり、
今年からプロフェッショナル科目の講義を開講してくれています。

この授業ではデザインの仕事とはどんなものなのかということを学び、
布製品についての勉強をしました。
勉強をした後は実際に手を動かし、布バックにデザイン!
それぞれで想い描いたデザインを型どりし、染めていきます。
みんなのデザイン性には脱帽です。本当にいろんな模様のバックが出来上がりました。

プロフェッショナル科目を開講する目的は

“将来の選択肢を広げること”

授業を通して、
技術を身につけてもらいたいのではなく
これから進む生徒のみんなの未来は
たくさんのものが広がっていているからこそ、
何を自分は選びたいのか、
それを考えるきっかけにしてもらいたいなと思っています。

だからこそ、授業をしてくれる先生方も、仕事の話や経験談を授業に取り入れてくれています。

実技を楽しみながら、将来を考えるきっかけとなる。そんな科目だと思います。
過去にもブログでいろんな学科を紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ブログの一覧

学校説明会へ参加する

まずは学校説明会への参加がおすすめです!

もっと詳しく知りたい方

資料請求または個別相談・お問い合わせフォームからお問い合わせください。