京都芸術大学附属高等学校

  1. HOME
  2. 日々のできごと
  3. 文化祭に向けて ~総合Ⅲ(ねぶた制作)~

日々のできごと

DAYS

2020年09月10日(木)

本校特有!文化祭展示の目玉!!

京都芸術大学では、大学生が共同で学園祭に向けて“ねぶた”を作成し展示するという
伝統のイベントがあります。

附属高校でもその伝統を受け継ぎ、開校初年度より文化祭に展示するねぶたを
総合の授業として取り入れております。


初年度である昨年は大学と同じように、みんなで協働して大きなねぶたを1台完成させましたが
今年はコロナウイルスの影響もうけ、1人1人が作成をする内容に変更されました。
1人1人の作成に変更にはなりましたが、ねぶた作成指導の経験豊富な森岡先生にご指導を受け
大学生に補助してもらいながら作成をするスタイルは変わりません。

しっかりと教えていただきながら、じっくり自分の作品に向き合います。

このような道具を使いながら、総合Ⅲ(ねぶた制作)の集中授業が8月にスタートしました。

今年のお題は“きのこ”

  
  
  
先生や大学生に教えてもらいながら、
徐々に形が出来上がっていきます!

  
骨組みが出来上がったら、和紙貼り。

丁寧に、丁寧に、貼りつけていきます。


和紙にシワをつけると表情が変わるため、
仕上がりをイメージしながら進めていきます。

色紙を貼って色付けすることもできます。
明日の文化祭展示に向けて、それぞれの“きのこ”が完成していきます。


こんな素晴らしいみんなの作品に光が灯ったら、どんな素敵な空間になるのでしょう。。。


文化祭スタートとともに点火式!
点火の瞬間を想像するとワクワクします。


本日は文化祭実行委員のみんなを筆頭に、時間ギリギリまで学校内がどんどん飾りつけされていきました。

どんな雰囲気に仕上がったかは、明日の配信を楽しみにしていてください!!
生徒のみんなが提出してくれたたくさんの作品も見物ですよ!




ブログの一覧

学校説明会へ参加する

まずは学校説明会への参加がおすすめです!

もっと詳しく知りたい方

資料請求または個別相談・お問い合わせフォームからお問い合わせください。