京都造形芸術大学附属高等学校

広域通信制課程[単位制]普通科
2019年4月1日開校予定

  1. HOME
  2. 芸大がつくる通信制高校
  3. メッセージ

メッセージ

MESSAGE

本校の母体となる京都造形芸術大学では、
他者を思いやる「想像力」と新たなる価値を生み出す「創造力」を育み、
そのチカラを社会の変革に役立てることのできる人材の育成を目的としています。
附属高校である本校では、生徒が同様のチカラを養えるよう、
芸術教育におけるデザイン思考を取り入れた「普通科」を設置します。
本校は、ゼロからの出発です。
みなさんの思いや考えを尊重し、取り入れながら、
ともに新しいカタチの通信制高校を作り上げたいと考えています。

課題を解決する「デザイン」の力

芸術教育の柱のひとつが、デザインという行為です。そこには「もっとモノを売りたい」「その家に長く住んでもらいたい」といったように、必ず課題があります。「課題解決のためのプロセス=デザイン」と捉えて教育する。それが母体である京都造形芸術大学(以下京造)の考え方です。作品をつくるプロセスも社会で役立ちます。思いついたアイデアを具現化するためには、どうしたらよいかプランを練り、実行する。これは、一般的な仕事のプロセスと全く同じです。つまり、オリジナルのものをつくることは、仕事の基本を学んでいることに他なりません。そして、正解のないものにチャレンジするという姿勢を通じて、社会で働く人間として一番重要な素養を身につけることができるのです。

「京造」がつくる「通信制高校」とは

京造がどうして普通科の高校をつくりたいと思ったのか。芸術教育におけるデザイン思考は、限られた人のためのものではなく、社会に出て働こうとする若者にとって等しく求められる。その事実をひとりでも多くの方に知ってほしい。そして、一人ひとりのオリジナリティを追求し、相手を受け入れる環境を高校生に提供したい、と考えているからです。通常の授業はもちろん、大学と連携した本校ならではの授業で養われたデザイン思考は、将来どんな職業に就いたとしても、必ず役に立ちます。

デザイン思考を学び普通に世の中で働く

芸術大学と聞くとアーティスト養成のイメージがあり、「芸大=就職できない」と思っている人も多いかもしれません。本校の母体である京造もこれまで多くのアーティストを輩出してきたのも事実ですが、平成30年3月卒業生の進路決定率((就職+進学)/卒業生)は、91.5%と、全国の大学の平均値を上回っています。京造の教育目的は「生涯を通じて学び続け、社会を変革する新しい価値を発信し続ける人材の育成」。つまり、社会の中で働き、学び続け、世の中に役立つ人材を輩出する、ということです。そのような人材を輩出してきた京造の考え方を引き継いだ高校。それが京都造形芸術大学附属高等学校なのです。

他者を思いやる「想像力」
新しい価値を生む「創造力」

デザイン思考を学ぶ事は、京造の実績があらわすように、将来どのような分野で働くことになっても役立ちます。高校においては、このデザイン思考を身につけるために、大学と同様に「想像力」と「創造力」に重きを置いた教育を行います。他者を思いやり他者の痛みを感じ取る「想像力」も、困難な課題を解決して新しい価値を生み出す「創造力」も、普段の授業や学校生活を通じて学んでいきます。そうすることで、自分に自信を持って、将来の目標に向かってチャレンジできる人材を育てていきます。

個性の尊重と他者を肯定する姿勢

人は比較される生き物ではなく、唯一無二の存在であること。これは、人間の根源的な考え方です。ところが、現代社会では、他人と考え方や意見が違うと疎外される傾向にあります。社会において必要なルールとは別の、そういった環境の中である種の生きづらさを感じている人も多くいると思います。芸術には、オリジナリティを尊重し、他者を肯定するという考え方が内包されています。本校でも、誰からも否定されない“自分らしくいられる場所”を提供したいと考えています。

自分のペースで自分らしく学ぶ

通信制高校では、授業のことを「面接指導」と呼びます。これは、自宅学習で生じた質問・疑問を個別に指導するという考え方に基づいています。学習の基本は自宅学習、授業はそれをサポートするという役割です。全日制の高校では、すべての授業に出席することが前提となるので、「欠席をカウント」していきますが、通信制高校では、必要な授業を自分で選んで出席するので、「出席を積み上げる」ことになります。本校では、仕組みや制度、施設にさまざまな工夫をこらし、自分のペースで自分らしく学び、一人ひとりに合わせた指導を行っていきます。

学校説明会へ参加する

まずは学校説明会への参加がおすすめです!

もっと詳しく知りたい方

資料請求または個別相談・お問い合わせフォームからお問い合わせください。