京都造形芸術大学附属高等学校

広域通信制課程[単位制]普通科
2019年4月1日開校予定(認可申請中)

  1. HOME
  2. 学校案内
  3. 校長あいさつ

校長あいさつ

GREETING

「通信制」は今の時代に
マッチしたスタイル

日本の教育が過渡期に差しかかっている今だからこそ、新しい学校のスタイルをみなさんとともにつくっていきたい。そんな想いから、本校は京都造形芸術大学の附属高校として開校することになりました。

本校は全日制ではなく、「通信制」を採用します。毎日登校することが前提にある全日制は欠席をカウントしますが、通信制は出席をカウントします。つまり、生徒を惹きつけるポイントがたくさんある学校をつくることができれば、生徒はおのずと学校に足を運び、それが自分自身の成長にもつながっていきます。生徒が学校に来ることで学び、成長し、自信につながる。そうしたサイクルを構築できる通信制は、今の時代に適したスタイルではないかと思います。

学校づくりのベースは
「Yes,And」の考え方

私はこれまで研修や講義で全国各地の大学や高校にうかがいましたが、その中で気づいたことがあります。それは、生徒たちは自分が必要としていることを受け止め、応えてくれる環境を求めている、ということです。先生からの一方的な知識提供ではありません。そういう意味でも、ここには協働を促してくれる先生たちがそろっています。

そうした環境が整っているからこそ、生徒は自分のやりたいことをどんどん発信できます。生徒から「こんなことがやりたい!」という声が上がれば、先生はそれをしっかりと受け止め、より良い提案を生徒に返します。この関係、この考え方を、私は「Yes,And」と呼んでいます。「Yes」は「受け止める」、「And」は「発展させていく」という意味を表しています。このマインドが浸透した環境からは、きっと多くの「新しい価値」が生まれてくるはずです。

人と違うこと
それが「自分らしさ」

ここはすべてが「Yes」の環境です。発言しない人、提案しない人、挑戦しない人は、何か的外れなことを言えば恥ずかしいし、おかしいと思われるから、自分を隠す傾向にあると思います。でも、相手から「いいね!」「なるほど!」という反応が返ってくれば、少しは自分を出しやすくなる気がしませんか?

それに、「人と違うことは、間違いじゃない」ということも強く伝えたいです。私は学生時代にいろいろな葛藤で悩み、つらい経験もたくさんしました。そういった気持ちがなぜ生まれたのか。それは、ありのままの自分を押し殺していたからです。自分を周りからの意見やイメージに合わせてしまい、次第に自分とは何なのかが分からなくなっていきました。

でも、それは大きな間違いでした。人と違う考え・想い・行動は「個性」。すなわち「自分らしさ」です。ここでは、自分らしく生きてほしい。みなさんも、先生も、私自身も、思いっきり「自分らしさ」を楽しみたいと思いますし、楽しんでください。

好きなことがあれば
今すぐチャレンジ

何をやるにしても、「楽しい」と思えることはすごく大事です。授業や研修で笑っていたら、不愉快に思う人がいるかもしれません。でも、何においても遊び心は大切です。楽しいと思えるからこそ、もっとやりたくなるし、もっと興味・関心が湧いてくる。心の中のワクワクを広げていくことが、いろいろなものを生み出す原動力となるのです。

「今は我慢の時期だ」と自分自身を抑止する人がすごく多いように思います。しかし、我慢をする必要はありません。やりたいことがあれば、今すぐやったほうがいい。過去の自分にも心当たりがあるのですが、好きなのにやらない理由はありませんからね。だからこそ、ここは「好きなことがあれば、今すぐやってみよう」と背中を押してあげられる環境を整えています。「それ、いいね!」と受け止めてあげられる大人、周りの人、できればご家族の方々にもご理解いただければ、みなさんはどんどんチャレンジしていけるはずです。

学校は環境づくりが大切です。ここに来たら、いつもワクワクする。もっと学びたい。自分自身の成長が実感できる。生徒一人ひとりが学ぶ喜び、生きる喜びを感じられる場所を、ともにつくっていきましょう。

Yes, And

京都造形芸術大学附属高等学校 校長
樋栄 ひかる

2012年から始めた大学教員の教育力向上研修を経て、2018年1月に京都造形芸術大学の顧問に就任。2019年4月より附属高校の校長へ。持ち前の斬新なアイデアと心理的アプローチで、新しい学校像の確立に日々まい進する。

学校説明会へ参加する

まずは学校説明会への参加がおすすめです!

もっと詳しく知りたい方

資料請求または個別相談・お問い合わせフォームからお問い合わせください。